森住 卓 写真展 ─福島 放射線を見る─

■上履きから放出される放射線を視覚化した画像
上履きが放つ放射線

■椎茸から放出される放射線を視覚化した画像
松茸が放つ放射線

2015年 7月11日(土) ~ 20日(月・祝) 10:00~18:00  (会期中無休)
アートスペース色空(いろそら) 2階ギャラリー (入場無料)
TEL 050-3615-4468

タペストリー

【会場】
会場1

会場2

森住卓さんは、目に見えず、臭いもなく、味もなく、音もなく、痛くもかゆくもなく五感で感じることが出来ない放射能を視覚化し、人びとの脳裏に焼き付けたいと試行錯誤を続けています。
放射能の視覚化は当初、東京大学農学部名誉教授の森敏先生の協力でICプレートを用いて映像化。 その後、フィルムに感光させる方法で画像を作り出しました。
ここに写っているのは福島県内の帰還困難区域から拾ってきた物です。 白くきらきら光る斑点は放射性物質のセシウムの微粒子が物体に付着し放射線を出している様子。 放射能の脅威の継続性をあらためて認識していただければ幸いです。

【森住卓(もりずみたかし)氏プロフィール】
1951年生まれ  フォトジャーナリスト。米軍基地や環境問題をテーマに取材活動を開始。
1983年より三宅島米軍基地問題の長期取材に入り、共著「ドキュメント三宅島」(大月書店)で1988年に日本ジャーナリスト会議奨励賞を受賞。
1994年より世界の核実験場の被曝者を取材開始する。
1994年「旧ソ連セミパラチンスク核実験場の村–被曝者のさけび」を自費出版、売り上げを被曝者の薬代に充てている。セミパラチンスクの写真で96年視点展「視点賞」。
1999年「セミパラチンスク――草原の民・核汚染の50年」(高文研)出版。
週刊現代「ドキュメント写真大賞」、第5回平和協同ジャーナリスト基金奨励賞をそれぞれ受賞。
2000年「民族の嘆き-コソボ1999」で写真公募展「視点」奨励賞受賞。
「セミパラチンスク 草原の民・核汚染の50年」(高文研)が日本ジャーナリスト会議特別賞受賞。
2002年「イラク・湾岸戦争の子どもたち-劣化ウラン弾は何をもたらしたか」(高文研)出版。
同写真展が日本、アメリカ、イギリス、オーストラリアで巡回中。
2003年「イラクからの報告」(小学館文庫) 「私たちは 今、イラクにいます」(講談社)
「核に蝕まれる地球」(岩波書店)出版。
2005年「イラク-占領と核汚染」(高文研)出版。
2009年「沖縄戦「集団自決」を生きる」(高文研)、写真で見る「シリーズ核汚染の地球」3巻<①楽園に降った死の灰マーシャル諸島共和国 ②ムスタファの村 イラク共和国 3六本足の子牛 カザフスタン共和国>(新日本出版社)出版。
2011年福島原発事故を受け取材中。 「セミパラチンスク-改訂版」(高文研)、「福島第一原発風下の村 」(扶桑社)

 

.

2015-06-26 | Posted in EXHIBITIONComments Closed