『黒木知之 書画印展』

作品1

柘榴や烏瓜蓮など身近な素材をダイナミックに描いた水墨画や、生きる知恵、優しさを刻んだ篆刻を展示。

・会期 5/26(火) ─ 5/31(日)
・時間 10:00 ~ 18:00
・会場 ArtSpace色空(TEL 050-3615-4468)
・入場無料、作品販売あり

【挨拶文より】

 「書」を学ぶ中で出会った中国の伝統絵画である「中国画」。 そして、その技法の最たる要の『筆墨』を自分の表現手段にできないかと思い、この道を歩き始めて十余年が経った。
これまで中国の明清時代の花鳥画を中心に模写を主体とした勉強を重ねてきたが、近年は『筆墨』にある “線の妙”、そしてその “線と線が織りなす「余白」や「間」をどう生かして画面を創っていくか?”  ということへのこだわりが強く湧いてきている。
『筆墨』とは中国絵画の中において、単に筆や墨で描いたという効果を指すだけのものではなく、その表現を生み出した作る者の ”物の見方” やその礎となる ”思想” も含んでいる。
題材とする植物に対峙した時の自分なりの自然観を大事にしながら、詩・書・画・印が一体となった中国画特有の形式をより自分のものとして昇華させたい… そんな思いで今後も取り組んでいきたいと考えている。

【プロフィール】

佐土原町生まれ、宮崎市佐土原町在住
大阪教育大学書道科卒、同大学院修了
1994-1997 北京言語学院、中国美術学院に留学
1998-2001 今井凌雪氏の下で書道研究誌「新書鑑」の編集に従事
2001-2002 再び中国美術学院に留学
2003-2006 山梨県立北杜高校で書道を教える
2006-   宮崎に帰り書道教室開設
四国大学非常勤講師、書道教室主宰、講座講師、展覧会多数

作品2

.

2015-05-26 | Posted in EXHIBITIONComments Closed