吉田亮人写真展「BRICK YARD」

Brick-Yard-Akihito-Yoshida_02s

 

Brick-Yard-Akihito-Yoshida_03s

 

DM裏

吉田亮人写真展「Brick Yard」
2015年8月22日(土)─8月30日(日) 10:00〜18:00
ArtSpace 色空 2階ギャラリー (入場無料)

 —「すべては家族のために働くのさ」 レンガの粉まみれの男が 静かに言いながらにっこり笑った。—

 

【Statement】

「Brick Yard」
見渡す限りの広大な大地。そこから無数の煙突がニョキニョキと生え、黒煙をモウモウと吐き出している。その煙突の下でたくさんの人が蠢いている。 私はバングラデシュの首都ダッカ郊外にあるレンガ工場を訪れていた。
ガンジス川を始め3つの大河川が入り組み世界最大のデルタ地帯を形成するバングラデシュは、毎年雨季になると河川の氾濫と共に大量の土砂を運んでくる。しかし建設資材となる岩石や砂利などが採れないため、昔からその代用としてレンガを製造してきた。その結果バングラデシュ国内には約16000ものレンガ工場があると言われる。

私はその中の一つの工場にカメラだけを携えて入り、そこで働く人の姿を撮影した。
工場では季節労働者達が住み込みで働きながらレンガを作っていた。信じられないことだがその製造過程において重機などの機械が使用されることはなく、全作業を人海戦術で行っていく。それは21世紀の日本に暮らす私達にとって前時代的な光景そのものだ。

しかし己の肉体を酷使しながらレンガを作り上げて行くその姿は根源的な「労働」の姿そのものであると同時に、労働の中にある喜びや辛さをより鮮明に浮き上がらせる。
そんな彼らの姿をファインダーを通して見つめる事で、「働くとは何か」という意味を問い、考えたいと思っている。

【プロフィール】

吉田亮人 Yoshida Akihito

1980年 宮崎県生まれ
2003年 大学卒業後タイにて日本語教師
2004年 帰国後、小学校教員に。6年間勤務
2010年 フリーランスの写真家へ転身

受賞

2011年 エプサイトギャラリースポットライト枠選考
2012年 第13回、第14回上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞
2013年 第13回、第14回上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞
2013年 京都写真ビエンナーレ2013 ゲスト審査員賞
2015年 京都グラフィー国際写真フェスティバルPULUS Best4 Exhibition
2015年 2014年度コニカミノルタフォトプレミオ年度大賞

web  http://ysd1111.web.fc2.com

【会場内】

hp__DSF2436

Lr_DSF2439

Lr_DSF2441

.

2015-08-08 | Posted in EXHIBITIONComments Closed