卒展~SOTSUTEN~

宮崎大学教育文化学部学の26年度卒業生3名が、4年間の活動の集大成として「宮崎大学絵画研究室 卒展」を開催します。

この展覧会について3名の卒業生は、『様々な人の目を通して自分たちの作品や活動を振り返ることで、今後に向けた学びの場となります。発表の場としてだけでなく、この場をきっかけとした新たなつながりや交流が生まれれば…』と話しています。

会期
__2015年2月24日(火) ─ 3月1日(日)
__午前10時~午後6時 (最終日は午後5時まで)
__入場無料

会場
__ArtSpace色空
__住所:宮崎市広島1丁目6-11-1
__電話:050-3615-4468

出品者・作品紹介
_高須 麻深(宮崎市出身)『モダンテクニックを用いた色彩表現』油彩画・アクリル画
_松本 奈央美(宮崎市出身)『光の描写による心理表現の研究』アクリル画・油彩画・木彫
_小柳 亜衣(高鍋町出身)『画材以外のものを活用して出来る絵画表現についての研究』油彩画、アクリル画

卒展 DM

2015-02-17 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

第46回宮崎新象展

第46回宮崎新象展

会期:2015年2月10日(火)〜2月15日(日)  10:00〜18:00(最終日16:00まで)

会場:ArtSpace色空(宮崎市広島1-6-11-1) TEL : 050-3615-4468

ギャラリートーク 14日(土)13:00〜
講師 柳瀬祥一先生(新象作家協会会員)<.facebook.

ワークショップ 11日(水・祝)13:00スタート
粟田和仁さん 『宙(そら)に線を描く』

——————–

【招待作家】
・遠山征男さん<Toyama Ikuo>(千葉)
・内藤圭介さん<Naito Keisuke>(愛知)
・吉川京介さん<Yoshikawa Keisuke>(愛知)

【宮崎会員】
青山明嗣、粟田和仁、池田昭圭、松岡宏純、松下太紀、松田純子、松元英子、柳瀬祥一
※この中で松下太紀、松元英子は第57回全国新象展(2014)で受賞している。(敬称略)

※新象展のスローガン
「新象展は、新しい自由な芸術活動を理想とし、最も大胆な実験・研究の成果を発表する場とした公募展です。マンネリ化を排し、既成概念や自己規制にとらわれる事なく、柔軟性のある探究心によって、この実現へ緊張を持ち続けたいと願っています。」(新象作家協会)

※新象作家協会について
新鋭の前衛作家たちにより、「作品の発表の場は表現の自由・実験的作品の研鑽された結果の場であることだ」「時代の流れに沿うのではなく新たな現代の、前衛的な革新を世に問うことである」の意識のもとに、1958年新象作家協会は誕生した。

46回宮崎新象展

2015-02-05 | Posted in EXHIBITIONComments Closed