外山節子遺作展 ━ 絵を生きる糧として ━

外山節子遺作展  ━ 絵を生きる糧として ━

期 間  4月23日(水) ━ 5月6日(火) 10:00~18:00


 

【外山節子氏について】

 1942年に宮崎県串間市に生まれる。1967年に日本医科大学病院の医師と結婚し東京に転居する。1972年創元会会員であった山口くすえ氏に師事し油彩画を始めた。短期間でかなりの画風を確立し、5年後「ギャラリーコーノ」(東京都渋谷)にて初個展をするまでになった。

 夫の病院開業を機に故郷日南市油津に帰ることになるが、帰郷してから一層制作活動に励み、中央の二科展に出品しながら、1988年日南の女性画家7人と絵の会を結成する。翌2回展から「モンロー会」と名称を改め、毎年作品展を開催してきた。

 外山節子氏は、「思うような絵が描けない」と悩みながらも実に素晴らしい絵を描いた。苦労の中でも絵は冴え、一筆一筆にその真髄を見ることができる。 天性の優れた色彩感覚による明るい色調は、ますます芳醇な色彩と豊かな世界を形づくり、極度に単純化した画面構成は、落ち着きのある雰囲気を作り出している。

 精力的に創作活動を続けていた外山節子氏だったが、2013年3月心筋梗塞のため急逝。 2012年9月の「モンロー会」第24回展が最後の作品展となった。

[略 歴]
1942 宮崎県串間市に生まれる
1967 結婚し東京に転居
1972 創元会 山口くすえ氏に師事
1982 「ギャラリーコーノ」(東京都渋谷)にて初個展を開催
1982 夫の病院開業のため宮崎県日南市に帰郷
1988 絵画グループ結成  翌年、会の名を「モンロー会」と改め、以降2012年まで24回の展覧会を開く
2013.3 心筋梗塞により急逝


展覧会を報じるTV動画 http://youtu.be/MAhMz0-91Eo

sポートレート

EPSON MFP image

2014-04-28-13-34-10_deco

2014-04-22-18-20-25_photo

DSC04170

2014-04-24-10-21-25_photo

2014-04-22-16-09-57_deco

2014-04-22-18-19-32_photo

s2014-05-02-09-39-09_photo

EPSON MFP image

EPSON MFP image

2014-04-26 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

児玉陽亮個展『光と影』

児玉陽亮個展『光と影』

2014.4/8~4/13

10:00am-6:00pm

EPSON MFP image

2014-04-03-10-11-23_deco

2014-03-26-14-08-23_deco

2014-04-07-20-14-41_deco

2014-04-07-20-20-06_deco

2014-04-08-09-06-18_photo

2014-04-07-20-16-56_photo

2014-04-07-20-23-46_deco

sssss2014-04-07-20-20-52_photo

1_convert_20120522181649

kodama-yousuke.mineko

EPSON MFP image

2014-04-10 | Posted in EXHIBITIONComments Closed