好墨会水墨画展

2017年1017日(火)-1022日(日)

午前10時 ~ 午後6時 (最終日は16:00まで)
会場 ArtSpace色空 2階ギャラリー

水墨画グループ「好墨会」の展覧会。
風景や花など、日々描いた花鳥風月の作品を展示します。

.

.

.

 

2017-10-16 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

宮崎フォトフェスティバル2017

宮崎フォトフェスティバル2017

2017年1011日(水) ─ 1015日(日)
open 10:00~18:00(最終日は17:00まで)

※ 10月15日(日)  13:00~ 公開審査
審査員は、写真家 テラウチマサト氏

ArtSpace色空2階ギャラリー
主催  PHaT PHOTO Fanclub 宮崎

.

写真を本気でやっていきたい! 夢や自分自身に挑戦してみたい! 写真で何かを変えたい! そんな人たちの次に繋がる出会いを作ることを目的に開催する公募写真展。

出品者は自分の展示ブースに独自性のコンセプトで制作した作品を展示します。
最終日15日、午後1時から出品者が自分の作品コンセプトをプレゼンし、公開審査を受けます。
また、お客様が気に入った作家に投票していただき、「オーディエンス賞」を決定します。

是非、会場でお気に入りの作品を見つけたり、作家さんから撮影のコンセプトなどを聞いてください。

.

2017-10-08 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

ありがとうの ちょっと大きな絵手紙

松浦 武徳・奈保子 二人展
ありがとうの ちょっと大きな絵手紙

2017年10月3日(火) ─10月8日(日)
午前10時~午後6時(最終日は午後4時まで)

 

今年、夫は版画を始めて5年、妻は絵手紙15年、そして私たち二人は結婚50年目の金婚式です。 記念に夫婦展を開催することとしました。 お時間がございましたら足をお運びいただければ幸いです。

.

.

 

 

2017-10-02 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

韓国の美

韓国の美  2017年926日(火)-101日(日)

午前10時~午後6時

ArtSpace色空 2階ギャラリー

出品作家:韓国美術協会龍仁市支部会員

 韓国の作家さんの、故郷の自然を讃え、雄々しく力強く又繊細で優雅な、或は、自然界からすくい上げたような温もりのある色使いの作品をお楽しみください。 宮崎では韓国の絵画に触れる機会は多くありませんのでこの展覧会をとおして より深く相互交流が深まっていくことを願います。

龍仁市(ヨンイン市)はソウル市の南東に隣接する都市⇒ https://goo.gl/IFxPfT

.

.

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.

2017-09-25 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

山元宣宏書法展

2017919日(火)924日(日)
open 午前10午後6
(最終日は午後5時まで)
入場無料
.


.

山元宣宏さんより

【山元宣宏書法展について】
2000年以上にもわたる手書きの時代を通じた人類の文化的な営為の総体として書文化が成り立っている。文字を書くという行為は、人間の営為と直結するため、言語・美学・歴史・文学など、どの分野にも関連する、まさに学際的な学問領域である。
最近、『古代書体論考』(京都大学学術出版会、2016年11月)、『「成り立ち」「書き順」を知れば美しく書ける 漢字かきかた練習帳 改訂版』(鉱脈社、2017年6月)を上梓した。

今までの研究成果を拙いながらもまとめた今こそ、自らの美的な世界を表現するいい機会だと考え、書作展を開催することとなった。
文字を書く活動に美の享受を重視すれば書芸術となるが、書の世界はそれだけにとどまらず、とても広くて大きな世界だ。いままで積み重ねてきたものが未熟ではあろうが書の表現に反映されているはずだ。ぼくの今を作品にとどめておくだけでなく、美的な世界を共感できるとうれしい。

【プロフィール】

山元 宣宏(やまもと のぶひろ)
宮崎大学教育学部准教授
三重県鈴鹿市生まれ

中国政府奨学金留学生として1997~99年に中央美術学院(中国画系書法班)留学
奈良教育大学書法芸術科卒業
 京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程修了。京都大学博士(人間・環境学)
日本学術振興会特別研究員、京都大学、大阪教育大学の非常勤講師、宮崎大学教育文化学部専任講師、宮崎大学教育文化学部准教授を経て現在に至る。

第1・2回全日本高校・大学生書道展連続大賞受賞
 第6回立命館白川静記念東洋文字文化賞、平成24年度漢検漢字文化研究奨励賞

現在、宮崎大学教育学部准教授、上海交通大学海外漢字文化研究中心専聘研究員、世界漢字学会日本理事、全九州大学書写書道教育学会監事、東方学会会員、書学書道史学会会員。

.

.

【作品より】

「みちくさ」

.

「一期一会」

.

「益寿」

.

「奇跡」

.

「清心」

.

「生きる」

.

「前進」

.

「平々凡々」

.

「来楽」

.

.

.

 

2017-09-11 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

堀内景子の書と筆ペンアートの世界展

2017年95日 (火) - 910日 (日)
午前10時~午後6時
(最終日は午後4時まで)

お問合わせ   Keikoオフィス  ☎ 080-1798-0134

.

【書家 堀内景子さんより】

カラー筆ペンを使った今までにないアートを皆様にお楽しみいただきたいと思い、

今回、宮崎で初めての「筆ペンアートの世界展」を開催します。

どなたでも楽しめるアートです。 是非、ご高覧ください。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

2017-09-04 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

川添和良 写真展

2017.   8/19 (土) ─ 8/31 (木)

 

 

 

.

.

.

 

2017-08-18 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

上埜芳信日本画展 ボクとセカイをつなぐもの

ボクとセカイをつなぐもの
上埜芳信日本画展

2017年8月8日(火) ─8月13日(日) 
午前10時~午後6時

入場無料

【展覧会概要】
_上埜芳信氏は、高校生のとき上村松園の図録で「(ほのお)」を見て日本画の奥深さに魅了され東京学芸大学教育学部で日本画を専攻。 平成6年に宮崎県に戻り高等学校などの教師をしながら日本画を描き続け、県美術展、宮日総合美術展への出品や東京でのグループ展を続けてきた。

_今回の展覧会は2部構成とし、第1部は学生時代からこれまでの自分の世界観を表す作品とその世界観の形成に影響を与えてくれた人の作品を、第2部は「僕と僕を取り巻く環境」シリーズの作品を展示し上埜氏の世界観と「ボクとセカイをつなぐもの」を展示。

【作家 上埜芳信氏コメント】
_『この展覧会は、ボクが絵を描きはじめた頃から感じていて、そこから始まった創作活動「セカイ=環境」の一端を披露するものです。
_(ここでいう「環境は」自然やボクの身の回りのことではなく、広い意味でボクを取り巻いている状況、社会、世界のこと。)
_この展覧会をご覧くださる皆様が[ボク]を自身に置き換えて、ご自分の「セカイをつなぐもの」について思いを巡らせていただければ嬉しい。』

.

【プロフィール】
上埜芳信 (うえの よしのぶ)
昭和42年 宮崎県生まれ
平成 5年 東京学芸大学教育学部特別教科教育美術科 日本画研究室 卒業
平成 5年 個展「上埜芳信個展~生と死」(東京 永福町)
平成12年 グループ展「日本画陽苑展」(宮日会館 パピルス) ~平成24年
平成14年 グループ展「〇(えん)展」(東京 銀座) ~平成25年
平成27年 グループ展「造組展」(東京 銀座)
平成16年、18年、19年 宮崎県美術展で準特選

現在無所属

.

.

.

2017-08-07 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

玉田 一陽 展 II

玉田 一陽 展 II
「空(くう)のイコン・玉田一陽作品集」出版記念展

2017. 7.12 wed ─ 7.23 sun
10:00~18:00(最終日 15:00まで)
休廊 7.18 tues

.

目に見える世界が現実なのか、
目に見える物質(星)は実存するのか。
そう思い込んでいるだけなのか。

この世界を外から俯瞰的に、
或は宇宙の外から見た世界が広がる。

玉田一陽さんの作品に囲まれ、宇宙の外を意識し、
目に見える世界がひとつの概念であることに気付く。
即是空 即是色 」と重なる。
ArtSpace「色空」で展示中です。

.

【展覧会について宮崎日日新聞さんが掲載してくださいました。】
2017.7.15付け 文化欄(19頁)

.

.

【ギャラリー内】

.

.

「宇宙を意識して III 」

.

.

「縦の空 II 」

.

.

「宇宙を意識して V 」

.

.

2017-07-11 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

第35回 あつみ会書展

金丸華心さんの指導の下、和歌、俳句などを題材に心を込めて書を楽しんでいる「あつみ会」のみなさん(会員15名)による作品展です。

会期 :2017年 日(金)・(土)・日(日)  3日間
時間 :午前10時~午後6時(最終日は午後4時まで)
入場料:無料
会場 :ArtSpace色空(宮崎市広島1丁目6-11-1)
TEL  050-3615-4468

.

.

.

2017-05-21 | Posted in EXHIBITIONComments Closed 

 

竹尾康男写真展 ~ 視点・心点 ~

色空企画写真展 宮崎のフォトマスター vol.2
竹尾康男写真展 ~ 視点・心点 ~

2017.5.16(火)-5.21(日)
午前10時~午後6時(最終日は午後5時迄)
※会期中無休 入場無料
ArtSpace色空(アートスペース いろそら)
宮崎市広島1丁目6-11-1 TEL050-3615-4468

.

【開催概要】

色空企画写真展「宮崎のフォトマスター」の開催について…勝れた写真表現活動を長きに渡って続け、写真文化の発展向上に貢献している宮崎のアマチュア写真家にスポットを当て、代表作品や最新作品などをとおしてその写真家の全体像や新たな一面などを紹介して参ります。

第2回「竹尾康男写真展 ~視点・心点~」について
竹尾康男さんは宮崎市内で竹尾耳鼻咽喉科医院で診療に当たる傍ら、身近なところで鋭い感性と深い思考により被写体を見つけ、観る人をうならせる秀作を数多く作りだしてきました。2001年には二科会写真部会友に推挙され又同年に上梓した写真集「竹尾康男写真集~視点・心点~」(鉱脈社)では宮日出版文化賞受賞、更に2011年には宮日総合美術展で無鑑査になるなど、数々の受賞や高い評価を受けています。 また、二科会写真部宮崎県支部や写団みやざきの代表として後進の指導にも力を注がれています。
竹尾康男さんは、物事を深く観察することによって見馴れた「日常」の中に潜む写真的な「非日常」を発見して心に刻むことを「視点・心点」と呼び写真を楽しんでいます。その竹尾康男さんの「発見の目」と「写真的切り込み方」を皆さまに楽しんでいただきたいと思います。

.

.

.

 

2017-05-14 | Posted in EXHIBITIONComments Closed